ポーズ ヨガ

ヨガのポーズ「チャトランガ」とは?効果やコツをご紹介します!

ヨガ チャトランガ コツ

数あるヨガポーズの中でも、難易度が高いポーズ「チャトランガ」。体を一直線に保ったまま状態を下げるという動作に、難しさを感じている人も多いのではないでしょうか。

MISA
しかし、チャトランガはやや難易度が高い分、体を引き締める効果も高いポーズです。

 

この記事ではチャトランガの効果やコツをご紹介します。

 

この記事を書いたライター情報

MISA
3歳から新体操に取り組み、その後ジャズダンスやチアダンスなど様々なダンスを行う中でヨガに出会う。その後、渡米しRYT200を取得。現在は大好きなお酒とスイーツをやめずにスタイルをキープする方法を研究中。

ゆとりーなのインスタグラムはこちら>>

 


30日間お試しキャンペーン中(3月まで!)
自宅で本格ヨガ!1ヶ月間のお試しレッスンキャンペーン!



 家から徒歩0分のヨガスタジオ

チャトランガとは

ヨガ チャトランガ コツ2

 

チャトランガとは、両手両足で全身を支えるヨガのポーズです。

 

日本語では「四肢で支える杖のポーズ」と呼ばれています。

 

MISA
「腕立て伏せの伏せた時のような状態」というと、ポーズをイメージしやすいかもしれませんね。

 

チャトランガはヨガの基本動作である「太陽礼拝」にも含まれており、ヨガのポーズの中でも比較的メジャーな存在です。

 

太陽礼拝とは?>>

 

しかし、ポピュラーな存在でありながらも、チャトランガのレベルはなかなかの高難度。

 

プランク(板のポーズ)から全身を一直線にキープしたまま肘を曲げるため、かなり筋力が必要です。

 

MISA
そのため、筋力がない人は苦手意識を持つことが多いのです。

 

2.チャトランガで得られる効果

ヨガ チャトランガ コツ3

 

チャトランガは、様々なヨガポーズの中でもかなり筋力が必要なポーズです。

 

そのため、以下のような効果を得られます。

  • 二の腕の引き締め
  • お腹の引き締め
  • インナーマッスルの強化

 

MISA
体を鍛えたいと思っている人や、ダイエットしたいと思っている人には効果抜群。

 

また、ヨガに必要不可欠なインナーマッスルをしっかりと鍛えることができるため、ヨガのスキルアップを目指したいと思っている人にはぜひマスターしてほしいポーズです。

 

3.チャトランガのコツ

ヨガ チャトランガ コツ4

 

マスターするのが難しいチャトランガですが、コツを掴むと意外とすんなりできることもあります。

 

ぜひ以下のポイントを確認してみてください。

 

  • 手を肩の真下に置く

 

まずチャトランガを行う前のプランクの段階で、肩の真下に手があるか確認しましょう。

 

肩よりも前に手があると重心の移動がうまくできず、体勢が崩れやすくなってしまいます。

 

MISA
手の位置は肩の真下かやや手前くらいに置くようにしましょう。

 

  • 脇を締める

 

体を下げる時は、脇をしっかりと締める意識を持ちましょう。

 

肘が外側に開いてしまうと力が逃げてしまいます。

 

肘を真後ろに曲げるイメージで、脇を締めると体をうまくコントロールすることができます。

 

  • 重心を少し前に移動させる

 

体を下げる時に、全身をやや前に移動させるのもポイント。

 

MISA
少し怖いかもしれませんが、つま先で床を蹴るようにしながら重心をやや前に移動させるとスムーズに動くことができます。

 

4.まとめ

ヨガ チャトランガ コツ5

 

最初は難しいかもしれませんが、練習を重ねていくうちに筋力がついて自然とできるようになります。

 

MISA
コツを掴むまでは膝をついた状態で練習するのもおすすめです。

 

チャトランガができるようになるとフローヨガやパワーヨガをより楽しめるようになりますので、ぜひマスターしてみてくださいね。

 


30日間お試しキャンペーン中(3月まで!)
自宅にいながらヨガインストラクターと一緒に健康ヨガ!



 家から徒歩0分のヨガスタジオ

サイトで1番読まれている記事

-ポーズ, ヨガ