ヨガ

一個は持っていたい!ヨガが捗るヨガクッション選びと実際の練習方法を紹介!

Asuka
Asuka
本記事を担当するAsukaです!よろしくお願いします。

 

みなさんはヨガクッションはご存知ですか?

 

文字通りヨガに使うクッションですが、一言でクッションといってもその種類は実に豊富で使い方も様々あるんです。

 

・ヨガのアーサナを取る時の補助として

・瞑想時のポーズを楽にする

・体をゆだねリラックス効果

・妊娠時や初心者へのサポートアイテム

 

Asuka
Asuka
などなど用途やシーンによってはあなたのヨガ時間をより快適なものにしてくれるグッズなんです。

 

Asuka
Asuka
今回はそんなクッションの種類や選び方、そして実際にクッションを使った練習方法も紹介しています。

 

Asuka
Asuka
購入を考えている方や、持っているけどどう使ったらいいのかいまいち分からない方も、ヨガクッションの魅力と使い方をどどーんとお伝えしていきますのでぜひご覧下さいね。

 

ライター情報

Asuka
Asuka
岩手出身。学生時代はイギリス留学でアートを専攻、帰国後は東京で会社員として勤務。 2011年の東北大震災をきっかけに、人を笑顔に健康にしていきたいと考えヨガインストラクターに転身。 移住先の大阪では整体院に努め、解剖学などの勉強のかたわら姿勢改善ヨガや子宝ヨガ、また外ヨガや親子ヨガなどの企画実施。 2015年~は国際結婚を機にスペイン在住、子育てをしながらフリーヨガインストラクターとしても活躍中。 趣味はアウトドア、登山。

 

ヨガクッションとは?どんな時に使うの?

Asuka
Asuka
ヨガ時のポーズのサポートや瞑想時に使用したり、シャバ―サナなどでリラックスする時などヨガを快適に楽しむための補助具のことです。

 

また妊娠時やケガ、体に痛みのある時などに体に負担をかけない様にするためにクッションを使用することでより安全に行うことができます。

 

ヨガの補助アイテムはクッションだけじゃなく様々

Asuka
Asuka
ヨガの際に使用する補助具はヨガクッション以外にもヨガブロックやヨガストラップなど様々ありそれら全てをヨガプロップスと呼びます。

 

目的や用途に合わせそれらをうまく使うことでより安全に快適にヨガを楽しむことができます。

 

代表的なヨガプロップスはコチラ⇩

 

ヨガブロック

Asuka
Asuka
ヨガブロックは最も代表的な補助具。

 

Asuka
Asuka
体重を支えたり、ブロックを用いてポーズに必要な高さを出したり使い方も様々です。

 

素材によってはとても軽く持ち運びにも便利なのも人気の一つなんだよ
ヨガ 初心者
綺麗なお姉さん

 

ヨガストラップ

Asuka
Asuka
ストラップで体を固定し正しいポーズに導いたり、柔軟性が足りない時に無理なく体をサポートしてくれたり初心者でも安全に使用できる優秀アイテムです。

 

ヨガラグ/ヨガタオル

マットの上に敷くヨガラグは滑り止めがついており、手足の汗を吸収する効果があるので汗をかいたときでも滑ることなく安全にヨガに集中することができます。

 

ヨガブランケット

Asuka
Asuka
十分な大きさがあるため畳んだり丸めたりすることで、ヨガブロックやクッションのようにポーズに必要な高さを出したり、シャバーサナ時ではブランケットを使用して体の冷え防止にも使うことができます。

 

ヨガブロックとヨガクッションの違いはその面積

Asuka
Asuka
補助具として特に人気の高いヨガブロック、ヨガクッションと役割は似ていますが大きな違いはその硬さと面積にあります。

 

ポーズに必要な高さを出したりする以外にも身体を預け、ポーズを深めたり体を開く役割もあるブロックですが、その硬さやコンパクトさが故に人によっては十分な効果が得られない時もあります。

 

ヨガクッションの場合はそういったヨガブロックでは補助しにくい広範囲でのサポートが可能となります。

 

Asuka
Asuka
またクッションの形や素材によっては体の曲線に合う様デザインされているのでより心地よさを感じ、リラックスしながらヨガを行うことができるのも魅力の一つですね。

 

ヨガクッションの種類はどういったものがある?

Asuka
Asuka
ヨガクッションの役割は大きく分けて三つあります。

 

  • ヨガのポーズ(アーサナ)をサポートするもの
  • 瞑想時に体を快適な座位を保つために使用するもの
  • 疲労や体のコリを取り、胸や肩を開きリラックス効果が得られるもの

 

ヨガボルスター

Asuka
Asuka
ヨガクッションの中でも最も代表的なのがヨガボルスター。

 

英語でBolsterとは補助枕・支えるなどという意味があり、通例細長い硬めの枕を指します。

 

Asuka
Asuka
ヨガクラスなどで見たことのある方も多いと思います。

 

Asuka
Asuka
平均的なボルスターのサイズは長さは約60センチ幅25センチ程度、重さはだいたい2キロ~くらいで一般的に長方形や円筒形の抱き枕のような形をしています。

 

しっかりとした硬さがあり、例えばシャバ―サナ時にこのボルスターにもたれるように体を預け仰向けの姿勢を取ることで腰の負担を減らし、体の緊張を和らげます。

 

Asuka
Asuka
脊椎が支えられ、胸が大きく開くことでより深い呼吸とともにリラクゼーション効果が得られます。

 

瞑想座布

Asuka
Asuka
瞑想座布は少し分厚い丸い座布団です。

 

座禅座布とも呼ばれメディテーション(瞑想)時や座位のポーズなどを取る時に使用します。

 

使い方は、骨盤を少し前に傾けて背骨を持ち上げる様に座ります。

 

Asuka
Asuka
そうすることで腰部分を真っすぐにして正しい姿勢を保ちながら長時間リラックスしながらこの状態をキープすることができます。

 

Asuka
Asuka
膝や尾骨などに痛みがある場合などにもクッションを使用することでより快適に座位のポーズが行えます。

 

アーサナの練習や補助にも使える優れもの!

Asuka
Asuka
ヨガボルスターや座布は他にもポーズをより快適にムリなく取るための補助アイテムとしても使えます。

 

ポーズによってはお尻の下や背中、足の間に挟み込むようにして使用することでポーズの安定感が増します。

 

体に負担をかけず自分が心地よいと思える姿勢で行えるのは嬉しいですよね。
ヨガ 初心者
綺麗なお姉さん

 

Asuka
Asuka
わたしもヨガ練習時のサポート用クッションとして瞑想座布を使用していますが、固さや厚み、体へのフィット感が丁度よく練習する上では欠かせないお助けアイテムとなっています。

 

Asuka
Asuka
実際にクッションを使用してのポーズ練習なども後ほどご紹介しますね。

 

ヨガクッションは妊娠時・産後にもかなりおすすめ

Asuka
Asuka
安定期に入った妊娠中のお母さんマタニティヨガを行うこともあるかと思いますが、妊娠中にもこのヨガクッションはかなりおすすめです。

 

お腹が大きくなってきたりすると仰向けになるのも大変になってきますね。
ヨガ 初心者
綺麗なお姉さん

 

Asuka
Asuka
ヨガ以外でも就寝時などリラックス時にはボルスターを抱える様にして横向きになり膝をボルスターに乗せた「シムスの態勢」になってみましょう。

 

シムスの態勢をとると腰や背中の負担・体の緊張が解け、血行が良くなりお腹の圧迫感からも解放されるのを感れます。すごい。
ヨガ 初心者
綺麗なお姉さん

 

Asuka
Asuka
お腹の圧迫などの不快感から睡眠不足にもなりがちな妊娠時期、出来るだけ体を休めゆっくり穏やかに過ごしてくださいね。

 

また、産後はこれらのクッションは丁度良い高さ、固さもあることから授乳クッションとしても使用できます。

 

自分に合ったヨガボルスターを選ぼう!注意する点は?

Asuka
Asuka
今回はヨガクッションの中でも人気の高いヨガボルスターの選び方をまとめてみました。

 

Asuka
Asuka
以下のことにも注意してみるとより自分好みのボルスターが見つかるかも!

 

クッションの素材や形状

Asuka
Asuka
一般的なボルスターの形は長方形や円筒形の2種類があります。

 

長方形は表面が平らで体に接する面積が多く、安定性も高いので初心者にもおすすめです。

 

Asuka
Asuka
円筒形は丸みがある分体にフィットしやすく、アーサナのサポート時に使用しやすいという特徴があります。

 

クッションの中の素材はコットンやウレタン、ポリエステルなどがあり、型崩れしにくい素材を用いたものは長く使えるのも魅力です。

 

ブランドによっては中身の素材にもこだわっているものも多く、100%天然コットンで環境にも優しいもの、職人がひとつひとつ手作業で作っているものなどもあります。

 

Asuka
Asuka
また最近人気のあるマイクロファイバー素材は肌触りが良く軽量、かつ耐久性が高いのもポイントです。

 

クッションの硬さ、弾力性

Asuka
Asuka
体の力を抜き、クッションに体をゆだねるという使い方の場合、極端にクッションが柔らかすぎるとポーズのサポート機能の効果が十分に感じられないこともあります。

 

Asuka
Asuka
ある程度の硬さや弾力性、重量があるほうが安定性にも優れたクッションと言えるでしょう。

 

お手入れのしやすさ(カバーの取り外し可能か)

Asuka
Asuka
直接肌に触れたり床に置いたりと知らず知らずのうちに汗や皮脂、汚れなどがつきやすいボルスター。

 

普通のクッションと同様にお洗濯ができるものは非常にポイントが高い!!
ヨガ 初心者
綺麗なお姉さん

 

Asuka
Asuka
カバーを外してそのまま洗濯が可能かどうかも忘れずにチェックしてみてくださいね。

 

実際にクッションを使って練習してみよう!

Asuka
Asuka
ここではヨガクッションを使ったお家でも簡単に出来るポーズ例を紹介します。

 

チャイルドポーズ

(画像提供者:Asuka)

 

Asuka
Asuka
前屈姿勢で楽にボルスターに体をゆだねることで神経の疲れを和らげ、深い安心感と共に心地のよいリラクゼーション効果が得られます。

 

Asuka
Asuka
肩や腰の緊張も解き、心を静めます。

 

  1. ボルスターをマットに置き、その前に正座で座ります。
  2. 息を吐きながらゆっくりとボルスターを抱きかかえる様にして前屈していきます。
  3. 頭をボルスターの上に置き、両手は脱力し前方に伸ばします。
  4. 心地よい呼吸を繰り返します。

 

鳩のポーズ

(画像提供者:Asuka)

 

Asuka
Asuka
ヨガをしている際、体に痛みを伴ったり不快感を感じる場合があります。

 

Asuka
Asuka
クッションを用いることで体に負担をかけず楽にポーズを取ることが可能になります。

 

  1. 肩膝を曲げ片足を伸ばします。
  2. 開いた股関節部分などに痛みがある場合、クッションをお尻の下に挟めます。
  3. 骨盤がしっかりと前になるように、背筋も真っすぐ両手は軽く体を支えるように前方に置きます。
  4. この状態で呼吸を繰り返します。
  5. 出来そうであれば両手を離し、胸の前で合掌。よりポーズが深められます。

 

バックベンドポーズ

(画像提供者:Asuka)

 

Asuka
Asuka
中級~上級レベルのアーサナを練習していくと難しいポーズも出てきますね。

 

この後屈(バックベンド)ポーズもその一つではないでしょうか。

 

Asuka
Asuka
クッションを使用することで体がしっかりと支えられ、体の可動域も広がるのでおすすめです!

 

  1. クッションをお腹~恥骨辺りに入れアップドッグの姿勢になります。
  2. 息を吐きながらゆっくりと両足を曲げ、お腹から起こす様に腰を持ち上げ後ろに後屈していきます。
  3. この状態で数呼吸キープ。
  4. 出来そうだったら、両手を頭の上から回しつま先を掴みます。
Asuka
Asuka
※はじめてバックベンドポーズを練習する際はヨガインストラクターの指示に沿って行う様にしましょう。

 

ヨガクッションの魅力が100%実感できる!リストラクティブヨガって何?

Asuka
Asuka
仰向けで横になるポーズが多く、身体を自然な状態でリラックスさせるのを目的としたヨガ。

 

ヨガプロップスやボルスターに「体を預け」、心と体のバランスを整えていく、まさにヨガクッションが主役の究極のリラックスヨガクラスなのです。

 

Asuka
Asuka
体を深いリラックス状態に導くリストラクティブヨガでは心身のリラックス以外にもセラピー効果もあるといわれ、自律神経を整えるだけでなく精神的なストレス解放にも効果的です。

 

日々忙しい毎日を送っている方、たまには自分へのご褒美にぜひこの「癒しのヨガ」に行かれてみてはいかがでしょうか?

 

お家でも気軽に出来る、ヨガクッションの代用品

Asuka
Asuka
もし手元にヨガクッションがなくても大丈夫!

 

Asuka
Asuka
家にある身近なもので代用ができます。

 

sugoi!!
ヨガ 初心者
綺麗なお姉さん

 

Asuka
Asuka
( ̄▽ ̄)

 

Asuka
Asuka
購入すると結構なお値段のするヨガクッションですが、家にあるものを使うと簡単に何個も出来ちゃいます!

 

Asuka
Asuka
自分好みの固さにして紐でしばったり調節しながら使ってみてくださいね。

 

  • バスタオルやブランケットをまるめたもの
  • まくら
  • ヨガマットを丸めたもの

 

Asuka
Asuka
これらはあくまで一時的な代用品なので弾力性や耐久性は既製品に比べると劣ることも...

 

oh....
ヨガ 初心者
綺麗なお姉さん

 

Asuka
Asuka
しっかりとしたサポート効果を感じたい、長く使っていきたいと考えている方は正規のクッションの購入をお勧めします。

 

まとめ

Asuka
Asuka
様々な役割や機能を持つヨガクッション、いかがだったでしょうか。

 

ヨガだけでなく、普段使いのクッションや授乳クッション、抱き枕としても使えたり、その使い道は人それぞれ。

 

Asuka
Asuka
ぜひあなただけのお気に入りのクッションを探してみてくださいね。

 

Asuka
Asuka
また、ヨガをする際は自分が心地よく思うことが一番大事です。

 

Asuka
Asuka
ムリなく長くヨガを続けるためにも、こういったサポートアイテムをどんどん使って楽しくヨガを行いましょう~。

サイトで1番読まれている記事

-ヨガ