ダイエット

不器用でもOK!ヨガ中も崩れず邪魔にならない簡単ヘアスタイル徹底紹介!

つむ
つむ
本記事を担当するつむです!よろしくお願いします。

 

ヨガでは、寝るポーズや逆転のポーズなど色々な姿勢をとるので、髪がボサボサになりやすいのが悩ましいですよね。

 

つむ
つむ
何度も結びなおして集中できなくなったり、ポーズについていけなくなったりとストレスフル…。

 

つむ
つむ
そこでこの記事では、髪の長さ別にヨガ中崩れないおすすめのヘアスタイルや、役立つヘアアイテムをご紹介します。

 

難しい編み込みなど一切ないので、不器用だけどヘアスタイルをなんとかしたい!という方は、ぜひご覧ください。

 

ライター情報

つむ
つむ
東京郊外在住の20代後半女性です。 OL時代、デスクワークの肩こりや腰痛に悩んでいたときにヨガと出会いました。 ヨガは、普段運動しない方でも気軽に取り組めるのが魅力だと思います。 運動が苦手な方にも、ヨガの魅力が伝わる情報を発信していきます。

 

ヨガ中でも簡単で崩れないヘアスタイルは?

ヨガをやっても崩れないヘアスタイルを作るポイントは、「2本に分けて結ぶ」「少ない毛束でくるりんぱする」の2つ。

 

つむ
つむ
この2つを守れば、不器用な方でも簡単にヘアアレンジが楽しめますよ!

 

つむ
つむ
髪の長さ別に、崩れにくくておすすめなヘアスタイルと作り方を紹介していきますね!

 

ロング編

つむ
つむ
ロングヘアの方は、髪がボサボサになってしまうのでお団子ヘアでコンパクトにするのがおすすめ!

 

特にトップから少しずらした高い位置とサイドは、どのポーズでもつぶれず邪魔にならなくて◎。
ヨガ 初心者
綺麗なお姉さん

 

上下結んでだれない!高い位置で作るお団子ヘア!

つむ
つむ
高い位置でお団子にしてまとめるとスッキリした印象になりますよね。

 

顔周りにも髪が当たらずストレスフリーでヨガに集中できるのもうれしいポイント!
ヨガ 初心者
綺麗なお姉さん

 

髪がだれないようにするポイントは、先にハーフアップにしてから残りも一緒に結ぶこと。

 

つむ
つむ
2本のゴムで結ぶことで、しっかり結べるのでだれたり外れたりしにくくなります。

 

【必要なもの】
ヘアゴム 3本

 

手順

STEP1. ハーフアップを作ります。

耳の下あたりから髪をかきあげて、頭のてっぺんより少しずらした高めの位置に結びましょう。

 

STEP2. 残りの毛も集めてポニーテールを作ります。

このとき、上を向いてポニーテールを作ると、だれにくくキレイに結べますよ。

 

STEP3.雑巾をしぼるような感じでねじり上げます。

 

STEP4.ねじってお団子になったらゴムでしばって完成です。

 

結論:2本のゴムで結ぶとだれたり外れたりしにくくなる。

 

ワンサイド寄せお団子ヘア

つむ
つむ
ワンサイド寄せも実はヨガに向いているヘアスタイルです。

 

寝たときも逆転のポーズもときも結び目が当たらず崩れにくく、ヘアスタイルをキープしやすいですよ。

 

【必要なもの】
ヘアゴム 2本

 

 

手順

STEP1.左右どちらかに1つ結びをつくります。

低い位置にむすぶことでコンパクトにお団子ができますよ。

 

STEP2.むすんだ髪を2つの束にわけます。

 

STEP3.片方をねじって、引っ張りながらきつめに1周巻きつけます。

1周して余ったらそのままにしてOK。

 

STEP4.余った部分と、もう片方の毛束を一緒に巻きつけて、お団子になったらゴムでしばって完成です。

 

結論:ワンサイドにお団子を作ると結び目が当たらず崩れにくく、ヘアスタイルをキープしやすい。

 

ミディアム編

つむ
つむ
ミディアムヘアは1本のゴムで1箇所にまとめると、ゴムがゆるんでバサッと髪が落ちてしまいがち。

 

つむ
つむ
そんなときは2本に分けて結び、あとから合体させると崩れにくいですよ。

 

もちろんロングの方がやってもOK!
ヨガ 初心者
綺麗なお姉さん

 

ワンサイド寄せくるりんぱヘア

つむ
つむ
ワンサイドに寄せると、反対側の髪が落ちてきてしまいあっという間にバサバサになってしまいます。

 

つむ
つむ
2つの束に分けて結ぶことで髪の毛が落ちにくくなりますよ。

 

また、くるりんぱが苦手な方も、少ない量の毛束ならスムーズにくるりんぱできます

 

【必要なもの】
ヘアゴム 3本

 

手順

STEP1.耳の下あたりから、髪を斜めに取り分けておきます。

ゆるめにゴムで結び、仮止めしておくとからまりにくいですよ。

 

STEP2.残りの後ろの髪を、サイドに寄せて1つ結びしておきます。

 

STEP3.斜めに取り分けていた仮止めをほどき、耳くらいの高さにゆるく結びます。

このとき、後ろに結んだ髪に沿うように結んでおくと、だれずに仕上がりがキレイに!

 

STEP4.1回くるりんぱします。

 

STEP5.2つの束をまとめて結び、完成です。

 

結論:2つの束に分けて結ぶことで髪の毛が落ちにくくなる。

 

くるりんぱツインテール

つむ
つむ
ワンサイドで毛が余ってしまう半端の長さの方には、ツインテールもおすすめ。

 

つむ
つむ
ワンサイドと同じようにくるりんぱすることで、大人っぽい雰囲気に!

 

【必要なもの】
ヘアゴム 6本

 

 

手順

STEP1.ツインテールの片方を結び、仮止めしておきます。

 

STEP2.仮止めしていない方の髪の毛を、こめかみあたりから毛束の1/3くらいを仮止めしておきます。

 

STEP3.後ろの髪を結びます。

このとき、低めの位置に結ぶとまとまりがよくなり◎。

 

STEP4.こめかみあたりからとった毛束の仮止めをほどいて、耳下あたりで結び1回くるりんぱします。

 

STEP5.後ろの髪とくるりんぱした髪をまとめて結びます。

 

反対も同様に行ったら完成!

 

結論:ワンサイドで毛が余ってしまう方には、ツインテールがおすすめ。

 

ワンサイド寄せお団子ヘア

つむ
つむ
かわいくて邪魔にならないお団子ヘアですが、ミディアムヘアでは長さが足りなくて結べない場合も!

 

つむ
つむ
そんなときは3つに毛束を分けて、少ない毛量でお団子にすれば、キレイなワンサイドお団子ヘアが作れますよ。

 

【必要なもの】
ヘアゴム 3本

 

手順

STEP1.髪を3つの毛束に分けます。

左右それぞれ耳の下あたりから、髪を斜めにとりわけておきましょう。

とりわけた髪は、ゆるめに髪をゴムで結び、仮止めしておきます。

 

STEP2.残った髪を左右どちらかにお団子を作ります。

1つ結びするときに最後まで結ばす、わっかを作ってお団子状に!

難しければ1度1つ結びにしてからお団子を作ってもOKです。

 

 STEP3.サイドの毛の仮止めをほどき、お団子に巻きつけ、ゴムで固定します。

左右の毛束を両方ゴムで留めたら完成です!

 

サイドの毛は三つ編みにしてもかわいいわよ!
ヨガ 初心者
綺麗なお姉さん

 

結論:3つに毛束を分けて、少ない毛量でお団子にすれば、ワンサイドお団子ヘアが作れる。

 

ショート編

つむ
つむ
ショートヘアはヨガでも邪魔になりにくいヘアスタイル。

 

しかし、汗をかくと髪がぺったり張り付いて邪魔ということも…。

 

つむ
つむ
ヘアバンドを使ったり、前髪だけまとめてアレンジしたりして、スッキリさせましょう!

 

ヘアバンドで前髪アップ

つむ
つむ
とってもシンプルでラクなヘアバンドを使ったヘアアレンジ。

 

つむ
つむ
つけて前髪をアップするだけで髪が邪魔にならず、とってもおしゃれ。

 

毛量が多い方は、ヘアバンドの下に髪を少し出しておくと、浮きにくくなってバンドが外れにくくなりますよ。

 

結論:つけて前髪をアップするだけで髪が邪魔にならない。

 

ヘアバンド+後ろ結び

つむ
つむ
伸びかけショートヘアの方は、低い位置に後ろ結びして、ヘアバンドをつけても◎。

 

逆転のポーズでも髪がかからずポーズに集中できるわね!
ヨガ 初心者
綺麗なお姉さん

 

【必要なもの】
ヘアバンド 1本
ヘアゴム 1本

 

手順

STEP1.後ろ髪をハーフアップにして結びます。

このとき多めに髪を結び、残す毛は少なめに。

 

STEP2.むすんだところをつぶさないように、ヘアバンドをつけて完成です。

 

結論:後ろでまとめると逆転のポーズでも髪がかからない。

 

前髪くるりんぱ

つむ
つむ
前髪が長くてバサバサしてしまう方は、前髪をまとめてくるりんぱするのが◎。

 

トップや後ろにピンを止めると刺さってしまいますが、これならサイドで止めるので安全です。

 

つむ
つむ
編み込みが難しい!という方でも簡単にヘアスタイルが決まります。

 

【必要なもの】
ヘアゴム 1本
ピン 1本

 

手順

STEP1.前髪を片側によせて、耳の上くらいの位置で結びます。

 

STEP2.毛束の間をジグザグとなぞってスペースを作り、くるりんぱします。

 

STEP3.さらにもう1度くるりんぱします。

 

STEP4.結びめをピンで止めて、後ろ髪に隠せば完成です。

 

結論:前髪が長い方は、前髪をまとめてくるりんぱがおすすめ。

 

ヘアアレンジがもっとラクに!おすすめアイテム3選

ヨガ中のヘアアレンジがラクに楽しくなるヘアアイテムもあります。

 

つむ
つむ
アイテムを上手に使って、いろいろなヘアアレンジを楽しんでくださいね。

 

ヘアバンド

ヘアバンドはどんなヘアスタイルの方でも使用できるアイテムです。

 

つむ
つむ
charmやSuriaのヘアバンドは吸水性にも優れているので、垂れてくる汗を気にせずヨガに集中できますよ。

 

特にホットヨガやフローヨガなどの汗をかきやすいヨガのときは必須!
ヨガ 初心者
綺麗なお姉さん

 

charmのヘアバンドを見てみる
amazonサイトへ
楽天市場サイトへ
YAHOO!ショッピングサイトへ

 

Suriaのヘアバンドを見てみる
Suria公式サイトへ
amazonサイトへ
楽天市場サイトへ

 

結論:ヘアバンドは前髪やだれがちなおくれ毛を留めておけるだけでなく、吸水性にも優れている。

 

ダンサーズゴム

普通のヘアゴムだとゆるんでしまう方は、フェリシモのダンサーズゴムがおすすめ。

 

つむ
つむ
頭をダンスするときのように激しく振っても崩れないヘアゴムです。

 

つむ
つむ
輪ゴムのような質感で、髪にしっかりフィットするので、ゆるまずしっかり結べます。

 

巻きつけるのに多少慣れが必要なので、最初は普通のゴムで軽くまとめてから巻きつけてみて!
ヨガ 初心者
綺麗なお姉さん

 

フェリシモのダンサーゴムを見てみる

フェリシモ公式サイトへ

 

結論:ダンサーゴムは輪ゴムのような質感で、髪にしっかりフィットするのでゆるまずしっかり結べる。

 

バナナクリップ

サイドでまとめたいときには、バナナクリップがおすすめ。

 

つむ
つむ
ボナバンチュールやYUKOKOTIのクリップは大きいサイズで、髪が多い方でも手軽に留めておけますよ。

 

留め跡が残らないから、その後予定がある方も安心ね!
ヨガ 初心者
綺麗なお姉さん

 

留めなおしも簡単なので、ポーズに合わせて付け外して使いましょう。

 

ボナバンチュールのバナナクリップはこちら
amazonサイトへ
楽天市場サイトへ
YAHOO!ショッピングサイトへ

 

YUKOKOTIのバナナクリップはこちら
amazonサイトへ

 

結論:バナナクリップは留め跡が残らずそのあとの予定があっても安心。

 

まとめ

ヨガをやっていると髪がボサボサになってしまいがちですが、ヘアアレンジのちょっとした工夫でそのままの状態をキープできます。

 

つむ
つむ
今回紹介したヘアスタイルやヘアアイテムを参考にして、ヘアアレンジを楽しんでくださいね。

サイトで1番読まれている記事

-ダイエット