ヨガ

ヨガで手に入れるしなやかな筋肉!

ヨガ

 

ダイエットをしたいけどきつい筋トレは続かないなんてお悩みはありませんか?

 

そんな人にヨガはぴったりのエクササイズです。

 

一見優雅に見えるヨガも実は筋肉へたくさんアプローチをしています。

 

今回はヨガで鍛えられる筋肉について徹底解説していきます。

 

【ヨガで筋肉はつく?】

ヨガ 筋肉

 

ヨガを行うことで筋肉はつくのか疑問に思いますよね。

 

結論からお伝えすると筋肉は付きます。

 

ヨガは体が柔らかくなるイメージが強いと思いますが、筋肉を伸ばしながら全身の筋肉をバランス良く使っていくことができるからです。

 

実は筋トレなどでは鍛えられない細かい筋肉も使っていると言われています。

 

【筋トレとヨガの違い】

ヨガ 筋トレ 違い

 

ヨガで筋肉がつくことはわかりましたが、ムキムキにゴツい体になるわけではありません。これが筋トレとヨガの違いです。

 

筋トレでは筋肉を肥大化させることがメインです。

 

筋肉に大きな負荷をかけながらトレーニングをすることで筋肉に小さな傷ができ、それを修復する際に筋肉が大きくなります。

 

目に見える表面の筋肉から内側まで筋トレで鍛えられる範囲はとても広いのが特徴です。

 

 

一方でヨガは体の内側、インナーマッスルを鍛えていく運動です。

 

筋トレでは部位に特化して鍛えていきますが、ヨガは体全体を動かすので常に全身に対してアプローチをしています。

 

ヨガのポーズは様々な姿勢で体を様々な方向に伸ばしていきます。

 

たった1つのポーズで体を支えバランスを取るためにインナーマッスルが鍛えられ、体を伸ばすことで丸くなりがちな背中や肩が開き姿勢改善に繋がります。

 

さらにゆったりとした呼吸と共に行うので有酸素運動となり脂肪燃焼効果にまでつながっていきます。

 

筋トレで鍛えるインナーマッスルとヨガで作るインナーマッスルの違いはこちら>>(準備中)

 

【インナーマッスルを鍛えるメリット】

ヨガ インナーマッスル

 

インナーマッスルを鍛えることでどのような効果があるのでしょうか

 

正しい姿勢が習慣化

ヨガ 姿勢

 

1つ目は正しい姿勢が習慣化されます。

 

インナーマッスルが一本の軸として体をまっすぐ支えてくれるからです。

 

関節や内臓が正しい位置に戻る

ヨガ 筋肉

 

2つ目は関節や内臓が正しい位置に戻ることです。

 

私達は日々の生活の中で自然と体が歪み、関節の位置がずれてしまっています。

 

内臓は重力に負け、下に下がってしまいます。

 

インナーマッスルを鍛えることで下がってしまった内臓がもとに戻り化不良や便秘改善につながるとともに、関節の動きもスムーズになり疲れ知らずの体になります。

 

血流や代謝が良くなる

ヨガ 血流

 

3つ目は血流や代謝が良くなることです。

 

関節の位置が正しくなることで血液がスムーズに体内をめぐるようになります。

 

血液だけでなくリンパの流れも良くなります。

 

その結果、冷えやむくみが改善されます。

 

インナーマッスルは体の中でも大きな筋肉になるので代謝が上がり、ダイエット効果も期待できます。

 

【1日1分の効果的なポーズ】

ヨガ プランク

 

最近筋トレとして紹介されるプランクも実はヨガのポーズの1つです。

 

まさにインナーマッスルを鍛えるのに効果の高いポーズと言えます。

 

《手順》

①肩の真下に肘が来るように、腰の真下に膝が来るようにして四つん這いになります。

②片足ずつゆっくりと足を後ろに引きます。

-このとき足は腰幅くらいに軽く開いていてOKです。-

③床と体が平行になることを意識してこのまま1分キープします。

-腕や足で頑張らずに床についている肘から手首で床を押すイメージで行います-

 

reina
最初は1分が長く感じると思います。 きつかったら30秒からでも大丈夫です。

 

reina
無理のないペースで少しずつ時間を伸ばしていきましょう。

 

【まとめ】

ヨガ 筋肉

 

今回はヨガと筋肉の関係について紹介していきました。

 

ヨガでインナーマッスルを鍛えることでスラッとした美しい体が手に入ります。

さらに体の内側を整えてくれるので内側からきれいになることもできちゃいます。

 

毎日の少しの習慣でインナーマッスルを鍛えることができるので今日から実践してみてくださいね。

 

文章制作者:nanostyle

サイトで1番読まれている記事

-ヨガ
-